Culture

まちづくりディレクター〈入社10年目〉

キャリアにも
物語がある。

My History

~2010年 学生時代
大学生・大学院生時代は、法学部で「政治史」を専攻していました。当初はマスコミを志望していましたが、希望通りの就職ができずにいたところ、在学当時一緒のゼミに通っていた先輩の誘いもあって当社の選考を受けました。現在の会長・社長と最終選考で「政治史」の話ばかりしていたのを覚えています。
2010年 入社 本社配属に
入社後1年目は、大分本社に配属されました。担当業務は「分からないことが分からない」毎日。同期に比べても要領は悪いほうでしたが、それでも先輩方に時にやさしく、時に厳しくご指導いただきながら宮崎・鹿児島エリアの公会計業務を担当しました。また、入社当初はペーパードライバーながら社用車を運転させて頂きました。同乗する先輩方はさぞひやひやされたと思います(笑)
2011年 鹿児島事務所設立
入社後2年目に鹿児島事務所が設立されることとなり、設立時メンバーの1人として転勤しました。桜島がよく見える、何もない部屋の真ん中に電話1台から始まった鹿児島事務所。床に直接置かれた電話機にかかる電話を受け、事務所長と2人で事務所の備品を買いそろえました。事務所の設立というのは中々経験できないので、今となってはいい思い出です。
2014年 総合計画・総合戦略担当
入社以来初めて、「私」発の業務となったのが、自治体の「総合計画」「総合戦略」策定支援です。これは入社した時からやりたいと思っていた仕事で、いずれも、自治体の将来を決める非常に重要な計画になります。社内外に多くのご迷惑をかけながらも、「日本初」の要素を取り入れた「総合計画」「総合戦略」を完成させることができました。もちろん、自分ひとりだけの力ではありませんが、これまで社内としての「型」がなかった業務をメインで担当した経験は、今でも私の大きな自信・財産になっています。
2019年 福岡事務所転勤
業務担当エリアが大分・福岡に広がり、社内的な役割も変わったことを受け、福岡事務所に転勤になりました。新たな担当エリアで新たなお客様との出会いを楽しむ毎日です。また、鹿児島エリアも引き続き担当していますが、福岡にいるからこそ見える鹿児島の良さも発信していきたいと思います。

2030年の未来の私へ

学生時代・入社当時の想いを変わらずに持ち続け、財政を含め広く自治体に関わる仕事をしていると思います。
地方自治の現場は、人口減少・職員減・財政難が今後も進んでいると思いますが、
これらを「三重苦」と捉えず、新たなイノベーションのきっかけとして「当社」発・「私」発の
お役立ちを提供していきたいです。

One Question

入社して自分自身が一番成長したって思うことは?

目先の仕事に追われ目標を見失った時期も・・・
先輩からのあの一言が今も心に。
入社して自分自身が一番成長したって思うことは、業務を含めたあらゆることに対して「常に目的を考える」ように心がけている点です。3年程前に同期・先輩・上司・役員が出席するフォローアップ研修で、つい目先の「業務」・目先の「作業」に没頭して全体像を見失ってしまい悩んでいた私に、「同僚はこういう風に仕事をしている」というアドバイスをもらい、自分の中にあった考え方が切り替わりました。この頃がわたしの一番成長できた時期のように思います。今後、単純作業などはAIやRPIなどで代替されるようになると思いますが、「常に目的を考える」視点を大事に「全体の最適化」を提案したいです。
Profile
入社年 2010年
所属 福岡事務所
職種 まちづくりディレクター
趣味・特技 空手、ジム、読書

趣味は「空手」と「ジム」、「読書」も好きです。「空手」はところどころブランクを挟みつつも、小学生のころから続けており、今では道場に通う子どもたちと一緒に練習しています。子供たちの成長にはいつも驚かされます。「ジム」は仕事終わりに通っていますが、筋トレやスタジオプログラムをしていると仕事の疲れも吹き飛びます。「読書」は主に業務関係の本ですが、嫌々読んでいるわけではなく、「地方自治」の最新事例を楽しみながら学べています。