株式会社地域化学研究所 採用サイト

代表メッセージ

人口減少、少子高齢化、低成長、産業が空洞化する中、元気な地域はあります。

元気な地域には、人財がいます。どういった人財かと言いますと、農業、漁業、林業、スタートアップ、自分の頭で考え、自分で実践をしている人がいるまちです。

地域科学研究所は、地方にこそチャンスがあると考えております。毎日新たな創造力が湧いてくる広い空間、美しい環境、整備されたネットワーク、地方に住んで、知的な仕事をして、豊かに生きる。これが体現できる会社です。地域科学研究所のお取引先は、地方公共団体さんです。そしてその町に暮らしている住民の皆様が最終ユーザーになります。子どもが安心安全に暮らせるまち。公共施設、小学校、中学校、インフラ、ソフトサービスの充実、そのためには経営力が必要です。地域科学研究所は、膨大なデータとテクノロジーを駆使し、地方の潜在力を活かしていく経営サポートをしています。地域科学研究所が求めている人財は、自分の頭で考え、自分が実践をしてビジネスにする力をもっている人です。社会貢献とビジネスの両立ができる人財です。新しい事にチャレンジをすれば、失敗もすると思います。地域科学研究所はチャレンジ、失敗はOKです。大切なのは、そこから何を学び、次にどう活かすか。出来るまでする。このサイクルスピードを速くすることです。地方を一緒に元気にする創生デザイナー、ICTエンジニア、データサイエンティストを募集しています。

株式会社地域科学研究所  代表取締役社長 平井 慎一
 

株式会社地域科学研究所  

代表取締役社長 平井 慎一

人口減少、少子高齢化、低成長、産業が空洞化する中、元気な地域はあります。

元気な地域には、人財がいます。どういった人財かと言いますと、農業、漁業、林業、スタートアップ、自分の頭で考え、自分で実践をしている人がいるまちです。

地域科学研究所は、地方にこそチャンスがあると考えております。毎日新たな創造力が湧いてくる広い空間、美しい環境、整備されたネットワーク、地方に住んで、知的な仕事をして、豊かに生きる。これが体現できる会社です。地域科学研究所のお取引先は、地方公共団体さんです。そしてその町に暮らしている住民の皆様が最終ユーザーになります。子どもが安心安全に暮らせるまち。公共施設、小学校、中学校、インフラ、ソフトサービスの充実、そのためには経営力が必要です。地域科学研究所は、膨大なデータとテクノロジーを駆使し、地方の潜在力を活かしていく経営サポートをしています。地域科学研究所が求めている人財は、自分の頭で考え、自分が実践をしてビジネスにする力をもっている人です。社会貢献とビジネスの両立ができる人財です。新しい事にチャレンジをすれば、失敗もすると思います。地域科学研究所はチャレンジ、失敗はOKです。大切なのは、そこから何を学び、次にどう活かすか。出来るまでする。このサイクルスピードを速くすることです。地方を一緒に元気にする創生デザイナー、ICTエンジニア、データサイエンティストを募集しています。

株式会社地域科学研究所  代表取締役社長 平井 慎一

地域創生

地域の特性の的確な理解の上に

  • 地域資源を活かした商品・サービスの開発
  • 起業を増やし、地域の雇用を創り出す
  • 地域通貨(プレミアム付き商品券)による地域内需要の喚起
  • 再生エネルギーによる地域内で必要なエネルギーの自給
  • 既存の公共施設を活かした人々の交流を創出
  • リモートワークの定着を見据えた移住支援策
  • リモート環境を活かした子供たちの教育の機会創出

ICT

  • 住民アプリを使った住民と役所の協働を創設
  • 公共施設の利用や補修
  • 通学路の安全改善
  • 検診やワクチン接種の予約
  • コミュニティバスの運行改善
  • 公共施設の管理の改善や総合計画と整合性を持ったAI予算編成システム
  • 上下水道、道路、橋梁、隧道、災害対策、等のDX
  • 農林漁業各種システム
  • 自治体経営のBPR

ICT

  • 住民アプリを使った住民と役所の協働を創設
  • 公共施設の利用や補修
  • 通学路の安全改善
  • 検診やワクチン接種の予約
  • コミュニティバスの運行改善
  • 公共施設の管理の改善や総合計画と整合性を持ったAI予算編成システム
  • 上下水道、道路、橋梁、隧道、災害対策、等のDX
  • 農林漁業各種システム
  • 自治体経営のBPR

自治体事務の効率化・自動化

  • 事務作業の自動化を目指す
  • 外部とのデータのやり取り
  • 内部事務
  • 庁内コミュニケーション
  • 住民とのコミュニケーション経路創出

これらは書類作成などの時間を大幅に削減し、職員の方々が地域の課題解決に携わる時間を創り出すために行うものです。

募集要項 一般用

募集職種

創生デザイナー

地域課題の具体的な解決を実践する

ICTエンジニア

地域課題を解決するシステムの設計・開発

上級エンジニア

ネットワーク、セキュリティ、AI、の高度なシステムの設計・開発

’DX’er

お客様のパートナー、システムの運用支援

待遇/基本給

創生デザイナー

大卒 230,000円

修士 250,000円

博士 280,000円

ICTエンジニア

大卒 250,000円

修士 270,000円

博士 300,000円

上級エンジニア

大卒 280,000円〜

修士 320,000円〜

博士 360,000円〜

’DX’er

大卒 230,000円

修士 250,000円

 

創生デザイナー

大卒 230,000円 修士 250,000円 博士 280,000円

ICTエンジニア

大卒 250,000円 修士 270,000円 博士 300,000円

上級エンジニア

大卒280,000円〜 修士320,000円〜 博士360,000円〜

’DX’er

大卒 230,000円 修士 250,000円

諸手当

・時間外手当

・技術者、資格、通勤、住宅、家族手当

・奨学金返済サポート(成長手当)

(それぞれ当社規定により支給)

社員研修
成長できる環境があります

国内外問わず、社員自らが学び深めていきたい分野の研修参加を積極的に支援しています。

さまざまな価値観に触れ、新たな発想やスキルを得ることができるよい機会となっています。


AIゼミナール(各大学の研究室)、AWS(Amazon Web Services)研修、自動運転システム構築塾、WEBアプリケーション(React)研修、ArcGISセミナー

現場で活かせる統計解析実践、機械学習による問題解決実践、地域政策デザイナー養成講座、島根県海士町への地域活性化先進地視察

データ分析セミナー、地域経済循環分析セミナー、新しい学校づくりセミナー


ディープラーニング講座

DAY1 ディープラーニング入門、パーセプトロン、ニューラルネットワーク、他

DAY2 損失関数、ミニバッチ学習、数値微分 他

DAY3 勾配法、誤差逆伝播 他

DAY4 誤差逆伝播、勾配法の学習を最適化させる方法 他

DAY5 重みの初期値、機械学習と純粋な最適化の差異、最適化戦略とメタアルゴリズム、他

DAY6 ディープラーニングの様々なモデル、CNNモデル、Im2col

DAY7 DNNと自然言語処理、再帰型ニューラルネットワーク

DAY8 再帰型ニューラルネットワークの計算原理、生成モデル、強化学習


統計的機械学習・深層学習活用術

DAY1 統計的機械学習と深層学習の活用術(基礎編)

DAY2 損時系列モデルのための機械学習と深層学習の活用術(時系列編)

DAY3 Pythonで学ぶ機械学習と深層学習の活用術(演習編)

DAY4 モデル統合による機械学習と深層学習の活用術(発展編)


・・・など

休日・休暇

・完全週休二日制、土日祝日お休み、入社半年後有給休暇(10日)

・永年勤務特別有給休暇(5年目、10年目、15年目・・・)

・夏季ECO休暇制度(1週間休暇)

・介護・子育て支援制度 など

 

応募と選考

一般応募

1

書類選考

  • 履歴書(職務経歴書)+ やりたいことについての長文エッセイ

2

オンライン適正テスト

3

オンライン課題解決力テスト

  • 創生デザイナー
  • – 課題解決提案プレゼンテーション
  • ICTエンジニア
  • – 論理的思考能力判定+Computer Science
  • 上級エンジニア
  • – 数学的思考能力判定+ネットワーク、セキュリティ、AI の実践的能力
  • ‘DX’er
  • – 課題把握力、問題解決力、プレゼンテスト

コンペ応募

募集要項 【ICTエンジニア部門】

ブロックチェーン技術を使った地域通貨システムの設計並びに開発(プレミアム付き商品券も可)

賞 最優秀賞 50万円、 優秀賞 20万円

推奨する開発環境 Hyperledger Iroha

応募期限 2021年10月20日

成果提出期限 2021年12月末

募集要項 【創生デザイナー部門】

地域創生事業
地域が必要とするエネルギーの再生可能エネルギーによる自給モデル構築

賞 最優秀賞 50万円、 優秀賞 20万円

応募期限 2021年10月20日

成果提出期限 2021年12月末





エントリーシートをダウンロードし、応募フォームよりご応募ください。
エントリーシートのダウンロードはこちら

応募は締め切りました



コンペ参加者は、当社に提出する成果(以下「本成果」といいます)及び本成果の開発作業遂行に伴い生じた知的財産(以下まとめて「本成果等」といいます)に関する著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含みます)及び特許権その他の知的財産権を、コンペ参加者又は第三者が従前から保有していた知的財産権を除き、当社に移転します。